注目を集める展示会ブースのデザイン - 展示会装飾の重要な役割

注目を集める展示会ブースのデザイン

subpage01

会社のブランドイメージを展示会の参加でアップ使用と意図する際にはどのようなブースとすればよいでしょうか。そこにはブースを手がける委託業者のサービス内容とデザインの実力がかなり重要といえます。
展示会装飾のデザインをするうえで、その企業のブランドの特性と製品やサービスなどの特色を挙げつつ、認知性を高めていけるようにデザインされます。


したがってブースの色、形状、照明の明るさ、ブース、パネル、展示物の配置、商品の示し方など、さまざまな観点について一貫していることが求められます。


デザインとはその一貫性を作出するものと心得ていくといいでしょう。

そしてそれこそブランド形成に重要な要素だと気づかされます。



展示会ブースを作出する場合、何もかもおまかせするというわけではありません。
委託までには、会社のコンセプトや商品に関するさまざまな資料を委託業者とそこのデザイナーにしっかりと理解してもらうことが大切になります。
商品や企業ブランドによく合ったブースとなるべく、種々の資料を業者に提示して説明します。

デザイナーはそのやり取りの中から、その企業の独自性やウリにしたい要素を一つ一つ見つけていき、デザインに生かそうとします。

したがって、その委託業者のデザイナーに対して企業としてのの特色や独自性をより多く具体的な形で伝えるようにします。

今、話題の日本経済新聞情報について考えます。

こうした作業こそが、じつは開発した商品の先進性や独自性を明確化するうえで欠かせない作業といえます。